/

この記事は会員限定です

不正会計見抜く分析モデル開発 新日本監査、確率を計算

[有料会員限定]

新日本監査法人は上場企業の不正会計を見抜く分析モデルを開発、実務に導入する。企業が公開する財務データを使い、不正を犯している確率をはじき出す。不正会計の確率が高かった企業については担当の会計士に伝え、監視を強める。

全上場企業の過去5年の有価証券報告書のデータを基に分析モデルを作った。経常利益に比べて現金収支が悪化していないか、現金収入を伴った売上高が減っていないかなど、約40のチェック項目を設定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り252文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン