/

富士フイルムなど、ペット向け再生医療事業に参入

富士フイルムは21日、ペット保険国内最大手のアニコムホールディングス(HD)と組み、ペット向け再生医療に関する技術やサービスの開発・提供に乗り出すと発表した。共同出資会社を来春設立し、培養した免疫細胞を使ったがん治療法などを研究する。富士フイルムの医療技術とアニコムHDの持つ動物の診療情報などを組み合わせ、動物向け先端医療を確立する。

新会社には富士フイルムが51%、アニコムHDが49%を出資する。社名や資本金などは今後詰める。富士フイルムはグループで再生医療製品を販売するジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)の技術を生かし、再生医療に必要な細胞を培養、管理できるようにする。

アニコムHDは国内の動物病院の6割にあたる約6000の病院と契約しており、そのネットワークや診療情報が技術開発に生かせるとみている。あわせて、新たな診療法が生み出された際のペット用保険商品を開発し、提供する計画だ。

数年内に10カ所の基幹病院と連携し、開発した治療法を実際に提供する場も用意する予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン