2019年6月21日(金)

消費、脱マイナス圏 百貨店・外食が回復
「日経消費DI」7月度調査

2017/7/21 21:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人消費に回復の兆しが見えてきた。日本経済新聞が実施した「日経消費DI」の7月度調査では、消費関連企業の業況判断指数が8ポイント上昇し、プラスマイナスゼロまで戻った。低価格の飲食チェーンが客足を伸ばす一方、百貨店の高額消費も回復しつつある。消費の二極化がさらに進み、商品・サービスを選別する消費者の目がますます厳しくなっている。

調査対象の物販、外食、サービスの14業種のうち百貨店と外食で回復が目…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報