訪日客の手ぶら旅行支援 JTBなど、荷物を配送

2017/9/21 20:01
保存
共有
印刷
その他

JTBとパナソニックヤマトホールディングス(HD)は21日、訪日客の大型荷物を預かって宿などに配送し、手ぶら観光を支援するサービス「ラゲージ・フリー・トラベル」を共同で始めると発表した。2018年1月の開始を予定。スマートフォン(スマホ)で簡単に申し込めて手続き時間を従来の10分の1ほどに短縮する。観光地の混雑緩和や訪日客の観光時間の拡大につなげる。

JTBのツアー参加者のほか、個人旅行者もスマホやパソコンで多言語サイトから申し込める。

荷物の寸法や氏名、配送先などを入力すると発行されるQRコードを空港や宿泊施設の窓口で見せると預けられる。従来サービスは送り状の手書きや確認で10分以上かかったが、1分半で済む。

ヤマトHD傘下のヤマト運輸が担う配送の状況はメールで通知。配送先でQRコードを見せると荷物を受け取れる。預け場所は当面は成田、羽田、中部、関西の4国際空港と東京、大阪、京都を中心とするホテルなど約100施設。配送先に指定できるのは全国1万軒の宿泊施設と4空港だ。

基本料金は3辺の長さの合計が120センチメートル(重さ15キログラム)以内なら片道で税別2000円から。20年に預け場所を2500カ所に増やし、年100万人の利用をめざす。

パナソニックのクラウドサービスで旅行者や荷物などの情報を統合管理。パナソニック製の受付用機器は無料で宿泊施設に貸す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]