/

日産・ルノー、仏ソフトウエア会社を買収

日産自動車は21日、資本提携する仏自動車大手ルノーと共同で、フランスのソフトウエア会社シルフェオを買収したと発表した。同社は従業員40人で、クラウド技術などに強みを持つという。買収額は明らかにしていない。自動運転やネットワークに接続するコネクテッドカー(つながる車)に関わるソフトウエア技術を吸収する。

日産とルノーは2020年までに10車種以上に自動運転技術を採用する計画。クラウドを用いたデータ解析などに高い専門性をもつシルフェオを買収し、コネクテッドカーや車体制御のためのソフト開発に取り組む。

日産・ルノーは競合大手に比べてIT(情報技術)分野での買収や大がかりな提携が少なかった。シルフェオの買収を皮切りに異業種との連携を加速する。コネクテッドカーを含めた新分野で300人程度の技術者を採用する方針だ。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン