/

この記事は会員限定です

ユニクロ、中国ネット通販「京東」出店を3カ月で中止

アリババ配慮か

[有料会員限定]

ファーストリテイリング傘下のカジュアル衣料品店ユニクロが21日までに、中国インターネット通販2位の京東集団の仮想商店街サイト「京東商城」を通じた販売を中止した。4月の出店からわずか3カ月だ。ユニクロは最大手アリババ集団のサイトに先に出店している。突然の閉店の裏にはユニクロという目玉を巡る中国のネット通販競争があるようだ。

中国の消費者向けネット通販市場(取扱金額ベース)ではアリババがシェア6割程度、京東が2割程度とされ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン