/

この記事は会員限定です

調味料のアリアケジャパン、インドネシアに工場 台湾も増産

[有料会員限定]

天然調味料最大手のアリアケジャパンは約30億円を投じ、インドネシアや台湾で新工場の建設や増産を進める。現地で需要が伸びている即席麺などのスープに使われる調味料を生産する。東南アジアの生産拠点は初めてで、即席麺メーカーや食品加工会社に供給する。

インドネシアでは、ジャカルタ近郊のブカシ県に約10億円で新工場を建設し、2016年内の稼働を目指す。3年後に年間約2千トンの調味料生産と売上高5億~6億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン