/

ポケモン体験型施設、大阪に11月開業 キャラクターと会話も

サノヤスホールディングス(HD)とポケモン(東京・港)は21日、11月19日に大阪府吹田市に開く人気ゲーム「ポケットモンスター(ポケモン)」をテーマにした娯楽施設の概要を発表した。大画面に映るキャラクターと来場者が双方向で会話を楽しめる体験型施設でファミリー層などの来場を見込む。

施設名は「ポケモンEXPOジム」。2階建て約2600平方メートルの建物に7つのプログラムを用意、それぞれ400~600円の料金がかかる。

21日開いた内覧会では人気キャラクター「リザードン」が子供に「好きなポケモンは?」と質問したり、逆に子供に「得意なワザは?」「飛んでいるときに何が見える?」と聞かれ答えたりした。決まり文句ではなく、質問内容などに合わせて反応するのが特徴だ。

ポケモンEXPOジムは、大阪府吹田市の万博記念公園内にオープン予定の大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」に開く。エキスポシティは体験型サービスを楽しむ「コト消費」を重視しており、ポケモンEXPOジムも目玉施設のひとつ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン