中途組増える三菱自動車、負の歴史に向き合え

2017/6/22 15:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱自動車は明日23日、定時株主総会を開催する。燃費データの不正が発覚して1年。出資を受けた日産自動車流の改革を取り入れ、V字回復に向けた方策を株主に説明する。全社を挙げて組織改革や中途採用の拡充にまい進するが、不祥事が風化するリスクも芽生えている。再生の道筋と負の歴史から逃げない姿勢を、社員や株主に印象づけられるか。

「2000年と04年に発覚したリコール隠し」「05年の軽自動車のオイル漏れ問…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]