2019年8月18日(日)

トヨタ、17年に水素燃料電池バス 国内初

2016/10/21 15:12
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は21日、2017年初めにも水素を燃料とする燃料電池(FC)バスを発売すると発表した。FCバスの販売は国内で初めてとなる。まず2台を東京都交通局が運行する路線バスに投入する予定。トヨタは2020年開催予定の東京五輪に向け、東京都を中心にFCバス100台以上の導入を目指している。

2018年からは新型を投入し、導入拡大を促す。水素と空気中の酸素を反応させて走る燃料電池車(FCV)は、走行中に温暖化につながる二酸化炭素(CO2)や排ガスを出さないのが特徴で、究極のエコカーとして開発が進んでいる。トヨタは2014年12月に世界で初めて量産型のFCV「ミライ」を発売するなど、同分野で先行している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。