/

この記事は会員限定です

ブラック企業、安全軽視ここまで 7割が労安法違反

厚労省調査

[有料会員限定]

働き方改革が叫ばれるなか、従業員の安全確保の不備や違法な長時間労働、賃金の未払いなど理不尽な業務体制を指摘される「ブラック企業」の存在がクローズアップされている。厚生労働省は5月から労働関係法令違反の疑いで書類送検した企業の実名を一覧にまとめ、インターネット上で公表している。7月分までの資料を分析すると、安全対策などを定めた労働安全衛生法違反が7割を占めて最も多かった。建設業や製造業の工場など、人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン