2019年4月19日(金)

小野薬品、オプジーボ特許訴訟で米メルクと和解

2017/1/21 10:16
保存
共有
印刷
その他

小野薬品工業は21日、がん免疫薬「オプジーボ」の特許侵害訴訟について、米メルク社と和解したと発表した。小野薬と共同開発先の米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)に対し、メルクが6億2500万ドル(約710億円)を支払う。またメルクは今後、同社が販売するがん免疫薬「キイトルーダ」の売り上げに応じてロイヤルティーを支払う。

オプジーボはがん細胞が持つ免疫抑制機能を解除する新世代のがん治療薬。「抗PD-1抗体」という仕組みで、京都大学の本庶佑客員教授らが発見し仕組みを解明。小野薬品とBMSが製品化した。

キイトルーダも抗PD-1抗体と呼ばれる同じ仕組みを使っており、小野薬とBMSがメルク社に対して日本や欧米など世界各国で特許侵害を訴えていた。今回の和解は、小野薬とBMSの実質的な勝訴とみられる。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報