/

スパコン、純中国製が初の世界1位 速さ「京」の10倍

米国の専門家らからなる国際チームは20日、世界のスーパーコンピューターの計算速度ランキング「TOP500」を発表した。中国が国産技術で独自に開発した新型機が初の1位で、日本の「京」より約10倍速かった。2位にも中国が入った。3位と4位は米、京は5位となり、日米欧が上位を占めてきたスパコンの勢力図は大きく変わった。

スーパーコンピューター「京」

中国の新型機「神威太湖之光」は1秒間に9.3京(京は1兆の1万倍)回の計算速度を達成、2位の「天河2号」より約3倍速かった。

トップの新型機は、心臓部となるCPU(中央演算処理装置)は中国製だった。中国は2000年以降にCPUの独自開発に着手し、米国留学組などの貢献もあり技術力を磨いてきた。世界最速スパコンの開発は国威発揚の手段でもあり、研究投資も大きいとみられる。

東京工業大学の松岡聡教授は「ハードやソフトとすべての技術が大きく進歩し、日米に肩を並べた。今後、技術を海外に輸出する可能性も十分ある」と評価している。

スパコンは国家の科学技術水準や企業の競争力、軍事力にも大きく影響する。米国は18年にも中国の新型機に並ぶ新型機を3台稼働する予定だが、中国は20年にもさらに10倍速いマシンを計画中という。専門家からは「中国は明らかに我々よりも優勢だ」(米テネシー大学のジャック・ドンガラ名誉教授)との指摘もある。

日本は20年の稼働をめざす京の後継機を開発中だが、世界ランキングの1位は目指していない。日本の進むべき道は「幅広い分野での使い勝手の良さだ」と松岡教授は話す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン