/

この記事は会員限定です

トルコ原発計画、28年までに4基稼働 日仏勢51%出資へ

[有料会員限定]

【イスタンブール=花房良祐】トルコ政府が三菱重工業など日本勢と締結する原子力発電所建設の商業契約の内容が明らかになった。2028年までに計4基を順次稼働させるのが柱。トルコ政府は国会承認を経て事業会社を設立する計画で、三菱重工や伊藤忠商事などの企業連合が計51%を出資する方針だ。事業費は2兆円規模の見込み。

商業契約となる「施設国政府契約(HGA)」が国会で承認されると原発を建設・運営する事業会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン