/

この記事は会員限定です

ドローン、日本市場争奪 中国DJIは拠点10倍に

仏パロットは企業向け高級機種

[有料会員限定]

空中飛行して撮影などに使うドローン(無人飛行機)の世界大手が日本市場に攻勢をかける。最大手の中国・深圳市大疆創新科技(DJI、広東省)は国内の販売・修理サービス拠点を10倍の200カ所に拡大し、玩具向けに強い仏パロットは企業向けの高級機種に参入する。日本勢は制御技術を磨いて活路を探る。規制議論が進む一方で、メーカー間の競争が市場の成長を促しそうだ。

「第1回国際ドローン展」が20日、千葉市の幕張メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン