2018年11月18日(日)

全日空、羽田―宮古線を開設 小松・富山線減便も発表

2016/1/20 19:06
保存
共有
印刷
その他

全日本空輸は20日、3月27日に始まる夏ダイヤの路線便数計画を発表した。国内線では北陸新幹線の開業後、低迷していた羽田空港発着の小松線と富山線を1日6往復から4往復に減便することを正式に表明した。減便で浮いた羽田発着枠を使って宮古線を1日1往復で新規開設するほか、旅客需要が堅調な岩国線や沖縄線などを増便する。

羽田発着の富山線と小松線は旅客減と単価下落の影響で2015年4~12月の運賃収入が前年同期比で5~6割減少していた。全日空は「現時点ではこれ以上の減便や撤退の考えはない」としている。国際線では9月1日から成田―プノンペン線を1日1往復で新規開設することを正式発表した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報