電通、イスラエルのネット広告会社買収

2015/4/20付
保存
共有
印刷
その他

■電通 イスラエルのネット広告会社、アバガダ・インターネットを買収したと発表した。買収額は明らかにしていない。中東や欧州の40カ国で検索エンジンを活用したマーケティングやネット広告のコンテンツ制作を手掛けるアバガダを、中東地域のネット広告事業の拠点とする。

アバガダは2010年の設立で、14年12月期の売上高は約6億円。電通の海外本社、電通イージス・ネットワーク(英国)を通じて全株式を取得した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]