/

電通、イスラエルのネット広告会社買収

■電通 イスラエルのネット広告会社、アバガダ・インターネットを買収したと発表した。買収額は明らかにしていない。中東や欧州の40カ国で検索エンジンを活用したマーケティングやネット広告のコンテンツ制作を手掛けるアバガダを、中東地域のネット広告事業の拠点とする。

アバガダは2010年の設立で、14年12月期の売上高は約6億円。電通の海外本社、電通イージス・ネットワーク(英国)を通じて全株式を取得した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません