三菱自動車の燃費不正、影響拡大も 海外向けも調査

2016/4/21 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱自動車の燃費性能試験では、軽自動車のデータ不正だけでなく、他の多くの車種でも国内法規の定めと異なる方法で実施していた。全ての車種の検証が終了しているわけではなく、同社は海外向け車両についても、問題がないかを調査する。消費者の自動車メーカーに対する目が厳しくなるなか、影響はさらに拡大する恐れがある。

三菱自は燃費不正の原因究明のために外部有識者による委員会を設置する。結論がまとまるには3カ月程…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]