/

JAL、国内線機内のネット接続無料を永続

日本航空は20日、国内線機内でのインターネット接続を永続的に無料にすると発表した。現在は8月末までのキャンペーンとして無料にしているが、集客効果が高いため9月以降は正規のサービスとして無料にする。ANAホールディングス(HD)は40分で550円などの有料で実施している。

プロペラ機などを除いたJALの国内線主力機でネット接続を無料にする。同社の国内線利用者の7~8割をカバーする。メールのチェックのほかウェブサイトをスマートフォンやパソコンで閲覧できる。動画サイトは利用できない。

JALは国内線でのネット接続を2014年7月から30分で400円などの有料で始めた。16年4月からは15分間無料、今年2月からは時間制限のない無料キャンペーンを実施してきた。今年8月末のキャンペーン終了後も無料を続ける。

機内ネット接続を巡ってはスカイマークが過去に欧州エアバスの中大型機「A330」で実施。その後、機種の整理でA330の運航自体を取りやめた経緯がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン