/

この記事は会員限定です

日本のビジネスに新風? 外国人留学生20万人

新・産業創世記 ニッポンを生きる

[有料会員限定]

日本の新しい産業を担う「金の卵」になり得る外国人の裾野が広がっている。日本学生支援機構(JASSO)によると、2015年5月時点で日本に留学している外国人は20万8379人。前年5月から13%増えた。在留資格の変更で11年5月以降から日本語教育機関に在籍する留学生もカウントすることになったこともあり、20万人の大台を初めて突破した。

出身地別ではアジアが19万人強と圧倒し、中でも中国が9万4111...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り372文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン