/

この記事は会員限定です

富士重社長「トヨタと開発協力拡大」

[有料会員限定]

富士重工業の吉永泰之社長は日本経済新聞の取材に応じ、提携するトヨタ自動車と開発面で協力を深める方針を示した。共同開発したスポーツ車で次期モデルの検討を進めるほか、車両の電動化でトヨタの技術を使う。業界で相次ぐ燃費不正については「業界全体の不信につながらないようにする必要がある」と話した。

富士重は米国の工場でトヨタ車を受託生産しているが、今夏に終了する。トヨタとの提携の柱の1つがなくなるが、吉永社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン