ファミマ、スーパー型コンビニ出店 カスミと組む

2014/10/20付
保存
共有
印刷
その他

ファミリーマートは20日、食品スーパーのカスミと組んでスーパーの機能を持った複合型コンビニエンスストアを出店すると発表した。11月1日に埼玉県内に1号店を出す。コンビニで扱う弁当などのほか、スーパーで取り扱う生鮮食品も品ぞろえし、多様化する消費者のニーズに応えて新たな需要を開拓する。

カスミがファミマとフランチャイズチェーン(FC)契約を結んでコンビニを展開する。埼玉県内に開業する1号店は「ファミリーマートプラス上青木店」で、24時間営業となる。店舗面積は約340平方メートルで、通常のコンビニ(約200平方メートル)よりも広くなっている。

コンビニ商品のほかに肉や野菜などの生鮮品を取り扱い、通常よりも約4割多い5200品目をそろえる。店内で食事ができるイートインスペースも5席設ける。

ファミマは昨年10月にイズミヤと組み、スーパー機能を持ったコンビニの展開を始めたほか、ドラッグストアやカラオケなどとの複合店を増やしている。異業種と展開する店舗を今後5年で3000店に広げる計画だ。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]