東芝、日米韓連合へ売却方針 メモリー事業
取締役会で決議

2017/9/20 12:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝は20日午前に取締役会を開き、米投資会社ベインキャピタルを軸とする「日米韓連合」にメモリー事業を売却する方針を決めた。協業先の米ウエスタンデジタル(WD)が関与する陣営も新たな提案を東芝に示し、取締役会で2陣営の提案を精査した。そのうえで日米韓連合を選び早期の最終契約締結を目指す。

20日午前に開いた取締役会で、メモリー子会社「東芝メモリ」の売却先を議論した。日米韓連合と並行して協議してきた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]