/

ヒト型ロボ「ペッパー」1分で完売 ソフトバンク

初回分

ソフトバンクは20日、自社開発したヒト型ロボット「ペッパー」について、同日午前10時から専用サイトで予約を受け付けたところ、初回販売分1千台が1分で完売したと発表した。次回の販売は7月以降になる。

ペッパーはヒトの感情を理解したり、ヒトやニュースなどに接して自ら感情を表現したりできるロボット。スマートフォン(スマホ)のようにアプリ(応用ソフト)を追加で取得することで、用途や楽しみ方が広がる。本体価格19万8千円。3年間支払う月々の基本料や保険料が別途かかる。

ペッパーは電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手、鴻海精密工業が製造している。当初は2月中に一般発売する予定だったが、想定以上に引き合いが強く発売を延期していた。量産体制を整え、「少なくとも月産1千台をめざす」(ソフトバンクの孫正義社長)方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン