/

LINE自作スタンプ、収入1000万円超も 販売3カ月

無料対話アプリのLINE(東京・渋谷)は20日、利用者が自作したイラスト「スタンプ」を販売できる仕組み「クリエイターズマーケット」の開始から3カ月の実績を発表した。売り上げが10位以内の人気スタンプの平均販売額は2230万円だった。このうち約半分が制作者の収入になるため、1000万円以上を得た人もいる。

スタンプはチャットの感情表現に使うイラスト。従来はLINEやデザイン会社などが制作していたが、5月8日から一般の人が制作した作品を販売できる仕組みを導入した。8月7日までの3カ月間で販売総額は12億3000万円。販売を希望する制作者は世界で14万9000人に達した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン