来春卒業の学生 就職内定率67% 民間調べ、昨年上回る

2017/6/19 20:30
共有
保存
印刷
その他

 マイナビ(東京・千代田)が19日発表した、2018年春卒業予定の大学生・大学院生の15日時点就職内定率(内々定を含む)は67.7%だった。昨年の6月末時点の内定率をすでに2.4ポイント上回った。「売り手市場」で人材の獲得競争が過熱するなか、採用活動の早期化が進んでいる。

 調査は同社が運営する就活支援サイトに登録している学生を対象に、9~15日にインターネットで実施した。有効回答は8168人。15日時点の内定率を同社が発表するのは初めて。

 5月末時点での内定率は53.3%で、内定率は6月に入って半月で14.4ポイント高まった。経団連が加盟企業に求める面接解禁の1日以降、大手を中心に選考が一斉に始まった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

インターネット調査就職内定率マイナビ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報