/

この記事は会員限定です

伊藤忠・タイ財閥CP、中国国有企業に1兆円出資

[有料会員限定]

伊藤忠商事とタイ最大財閥チャロン・ポカパン(CP)グループは中国最大の国有複合企業である中国中信集団(CITIC)の傘下企業に1兆円強を折半出資する最終調整に入った。日本企業の対中投資で過去最大となる。中国や東南アジアなどで食糧や資源開発などの事業に共同で取り組む。冷え込んでいる日中経済交流が改善に向かう契機となる可能性もある。

伊藤忠とタイCPが折半出資する特定目的会社を通じ、香港市場に上場して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン