/

この記事は会員限定です

医師が「処方」するアプリ 糖尿病、がん…治療支援

ウェルビー、医療機関に提供

[有料会員限定]

ウェルビー(東京・千代田)は病気の治療支援に特化したアプリを開発する。アプリで患者は自身の体調を記録し、医師とデータを共有する。双方が状況を正確に把握することで自己管理を支える。社長の比木武(42)はアプリ会社には珍しい医療機器の製造販売業許可を取得。規制が厳しいヘルスケア領域に果敢に切り込む。

「健康な人が使うものではない」。比木は自社のアプリをこう説明する。ウェルビー開発のアプリが対象にする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン