2019年5月21日(火)

アイシン、エンジン部品会社株を取得 経営資源振り向け

2016/4/19 21:55
保存
共有
印刷
その他

アイシン精機は19日、エンジンピストン製造のアート金属工業(長野県上田市)の株式の過半を取得すると発表した。ピストン事業を専業のアート金属に集約し、エンジン関連部品の開発といった他の事業に経営資源を振り向ける。アート金属はアイシンの高度な生産技術の活用を図る。

同日付で経営統合に向けた基本合意書を締結した。今回は株式の過半の取得の合意にとどめ、今後、株式の最終的な取得割合や金額について協議を進めるという。統合の時期は2017年4月を予定している。

アイシンはピストンのほか、冷却ポンプやシリンダーのヘッドカバーなどのエンジン関連部品を手掛ける。ピストンは創業以来専業として取り組むアート工業に任せ、アイシンはエンジン内の温度管理や軽量化を重視した次世代のエンジン関連部品の研究開発に注力する方針だ。

アート金属の15年3月期の連結売上高は361億円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報