/

この記事は会員限定です

非正規もベア「3%基準に」 UAゼンセン、15年春賃金交渉

[有料会員限定]

流通や外食、繊維など2400の労働組合が加盟するUAゼンセンは19日、2015年春季労使交渉の賃金のベースアップ(ベア)の統一要求として「3%を基準に少なくとも2%以上」との方針を決めた。ベアの統一要求は2年連続となる。14年の要求はベア1%だった。組合員の過半を占めるパートや契約社員など非正規社員にも同様の賃上げを求める考えだ。

岡山市で同日開いた中央執行委員会で労使交渉方針を策定した。来年1月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン