/

この記事は会員限定です

出光・昭シェル統合 次の焦点は臨時総会時期に

[有料会員限定]

出光興産の公募増資を東京高裁が認めたことで、昭和シェル石油との合併計画が大きく前進した。経営側は創業家に直接協議を呼びかけ、説得を進める。また先行して始めている昭シェルとの事業提携で成果を示し、株価を上げながら一般株主の支持も得る青写真を描く。次は合併を決議するために必要となる臨時株主総会をいつ招集するかが焦点になる。

18日に東京地方裁判所が増資を認めたのに続き、東京高裁も19日に即、同じ判断...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン