/

塩野義製薬、米パデューファーマと販売提携

塩野義製薬は19日、米医療用麻薬最大手のパデューファーマと販売提携したと発表した。塩野義が2017年度に米国で発売を予定する便秘症治療薬「ナルデメジン」を両社が共同で販売し、損益を分配する。ナルデメジンは医療用麻薬の副作用で起きる便秘症に効く。パデュー社は鎮痛効果のあるモルヒネといった医療用麻薬の販売ノウハウがあり、相乗効果が見込めると判断した。

ナルデメジンはがん以外の慢性疾患で、医療用麻薬などの鎮痛薬を服用する患者が発症しやすい便秘症を改善する治療薬。世界に数千万人の患者がいるとされる。米国で既に承認申請済みで、17年3月末にも審査が終了する見込みだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン