/

この記事は会員限定です

食品会社、北米でラーメン攻勢 現地仕様の麺など

[有料会員限定]

日本の食品メーカーが北米でラーメン事業を本格展開する。味の素と東洋水産は現地仕様の冷凍麺を開発。業務用スープ製造の和弘食品も8月末に米国で新工場を稼働させる。和食ブームや日本の人気店の進出もあって、北米ではラーメン人気が高まっている。今後は日本食レストランや一般家庭でも飲食機会が増えると見て積極展開する。

味の素と東洋水産は米オレゴン州に設立した共同出資会社を通じて北米市場を開拓する。欧米人は熱い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン