2019年2月18日(月)

ミツウロコ、米ハンバーガー店「カールス・ジュニア」運営

2014/12/19付
保存
共有
印刷
その他

液化石油ガス(LPG)大手のミツウロコグループホールディングスは19日、米国のハンバーガー店「カールス・ジュニア」の運営を始めると発表した。2015年秋に東京都で1号店を出し、10年間で150店に増やす。同社はすでにカフェなどを運営しており、外食事業を拡大する。

カールス・ジュニアを世界展開する米CKEレストランホールディングス(カリフォルニア州)から日本での運営権を取得した。ミツウロコ子会社のカールスジュニアジャパン(東京・中央)が直営店を出すほか、フランチャイズチェーン(FC)店も増やしていく。

価格は今後詰めるが、ハンバーガーを含めて500~700円程度のセット価格を想定しているという。

カールス・ジュニアはボリューム感のあるハンバーガーが特徴で、若者に人気がある。19日に記者会見したミツウロコの田島晃平社長兼グループ最高経営責任者(CEO)は「高品質なハンバーガーを手ごろな価格で日本の消費者に届けたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報