/

JR西日本など、睡眠改善システム開発 乗務員向け

JR西日本富士通は19日、乗務員の睡眠を改善するシステムを開発したと発表した。腰に付けたセンサーが起床時間や睡眠時の体の向きなどを測り、データを分析して個人に合った改善策を助言する。2005年に発生した福知山線脱線事故後の安全対策の一環。17年度中に乗務員が所属する全ての職場63カ所への導入をめざす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン