/

ロキソニンやガスター、アマゾンで買える

鎮痛剤のロキソニンや胃腸薬のガスターがアマゾンで買える。アマゾンジャパン(東京・目黒)は17日から副作用のリスクが比較的高く薬剤師の説明が必要な「第1類医薬品」のネット直販を始めた。今週は試験的な取り組みで、来週以降、本格的に利用者へサービス開始の呼びかけを行う。

原則として対面販売のみだった第1類医薬品は、2014年6月の改正薬事法施行でネット販売できるようになった。現在はケンコーコムや楽天セブン&アイ・ホールディングスなどがネット販売に乗り出しており、競争が激しくなっている。

「ロキソニンS」(第一三共ヘルスケア)やH2ブロッカー胃腸薬の「ガスター10」(同)が第1類医薬品として有名だが、ネット通販会社によると、売れ筋は育毛剤や膣カンジダ薬など「人によっては対面販売だと恥ずかしさを感じる薬」だという。

アマゾンジャパンは15年9月にサイト内に「アマゾンファーマシー」というセクションを開設。副作用のリスクが比較的少ない第2類、第3類の医薬品の直販を手掛けている。今回、蓄積したノウハウを生かし、第1類へ進出する。

第1類医薬品のネット販売は、購入者が年齢や症状をメールや情報入力ページで伝え、薬剤師が医薬品の用法・用量、服用上の留意点などの情報を提供することが条件となる。アマゾンのサイトでも、利用者はこうした項目を入力、薬剤師による確認を行ってから薬品が発送される。

(石塚史人)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン