/

この記事は会員限定です

大ガス、火力発電新設を断念 大型計画続き採算難に

[有料会員限定]

大阪ガスは茨城県で進めていた石炭火力発電所の新設計画から撤退する方針を固めた。来春の電力小売り全面自由化をにらんだ電源開発をエネルギー大手が断念するのは初めて。首都圏で東京電力などが大型火力発電所を建設する計画を表明しているほか、原子力発電所の再稼働で今後、電力需給が緩み、採算が合わないと判断した。発電所新設を巡り計画を選別する動きが出そうだ。

大ガスは丸紅と共同で約300億円を投じ、2017~1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン