/

この記事は会員限定です

三菱マテ、「都市鉱山」処理で世界最大に

スマホやEVから回収

[有料会員限定]

三菱マテリアルは使用済みパソコンやスマートフォン(スマホ)など「都市鉱山」に眠る金や銀など希少金属の回収・処理事業を拡大する。回収設備を120億円かけて増強。処理能力を4割増の年間20万トンまで引き上げ世界最大規模にする。車各社が増産を計画する電気自動車(EV)からの回収事業にも参入する。スマホやEVの需要拡大をにらみ、希少金属の供給不足に備える。

パソコンやスマホなど電子機器のリサイクルでは、集めたスクラップ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン