/

この記事は会員限定です

正社員ならバラ色? 地域も時間も自由に選ぶ

常識を疑え(1)

[有料会員限定]

妻と子供2人を抱える五十嵐義夫(32、写真)にとって、2014年4月1日は特別な日となった。日本郵便で念願の正社員に就けたからだ。大学中退後に就職した父の焼き鳥店が閉店。4年前から契約社員として豊島郵便局で働き始めたが、生活は安定しなかった。

肩書は東京23区内の「限定正社員」。総合職より給与は5%安いがボーナスは倍増。持ち家の購入も視野に入ってきた。「さらに上を目指す」。人生設計は様変わりだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1064文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン