スマホ地殻変動、もがく日台勢 独自色に限界も

2014/8/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

競争が激化するスマートフォン(スマホ)市場で日本と台湾の大手がもがいている。台湾の宏達国際電子(HTC)とシャープはそれぞれ「戦略モデル」を発表し、販売のテコ入れを図る。ただ世界では米アップルなど2強が優位を保つほか、華為技術(ファーウェイ)など中国勢の追い上げも激しい。生き残りへ向けて環境は厳しさを増している。

「当社はスマホの技術革新で何度もリーダーシップを示してきた」。19日、都内のホテル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]