/

この記事は会員限定です

広がる未知の領域、自前主義を脱して

[有料会員限定]

「無重力だからふわふわ浮いちゃうよね」「浮いちゃうよね」――。

2013年冬、国際宇宙ステーションで宇宙飛行士の若田光一とロボット「キロボ」の対話実験が始まった。音声認識や解析の人工知能(AI)技術を担当したのは実はトヨタ自動車。独自開発のアルゴリズムを使い適度に相づちを打つなど、自然に近い会話ができるようにしたのが特徴だ。

キロボ開発参加を機に社内で特別プロジェクトが立ち上がり、今では音声認識の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン