/

オムロン子会社、手首で血圧連続測定 脳卒中や心筋梗塞予知

オムロンの医療機器子会社であるオムロンヘルスケア(京都府向日市)は18日、手首に機器をつけるだけで血圧を連続測定できる世界初の技術を開発したと発表した。従来はある時点の血圧の平均値を測るだけだったが、心臓の拍動1拍ごとの血圧を計測することで、急激な血圧変動による脳卒中や心筋梗塞の予知につながる可能性がある。臨床試験を進め、2017年の製品化を狙う。

血圧の新測定技術は独自開発の圧力センサーを腕時計型のウエアラブル機器に搭載。手首の動脈の血圧を測ることで、1日約10万回とされる心臓の拍動の1回ごとの血圧を連続監視できる。

脳卒中や心筋梗塞は気温や食事、ストレスなどの複合的な要因による血圧の急激な上昇が引き金になるとの見方が強い。血圧の変動を常時監視すれば、脳卒中などで効果的な予防策になるとみられる。データを無線通信で送信し、医師らが異常を検知するシステムの開発も視野に入れる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン