LINE、米マイクロソフトの音楽配信事業を買収

2014/12/19付
保存
共有
印刷
その他

無料対話アプリのLINE(東京・渋谷)は19日、米マイクロソフトからラジオ型音楽配信サービスを手掛ける英ミックスラジオを買収すると発表した。買収額は明らかにしていない。同社は利用者が専用のチャンネルをつくり、自分好みの音楽番組を再生できる無料サービスを手がける。世界31カ国で数百万人が利用している。

LINEが買収する英ミックスラジオは、世界31カ国で数百万人が利用している

LINEが買収する英ミックスラジオは、世界31カ国で数百万人が利用している

買収手続きは2015年の早い時期に終える見通しだ。LINEは今月、エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテインメントと共同出資会社を設立。年明けにも日本国内でスマートフォン(スマホ)向けに音楽配信サービスを始める計画。海外でも同様のサービスを広げる考えで、ミックスラジオの買収を足がかりにする狙いがあるとみられる。

LINEの対話アプリの月間利用者数は世界で1億7千万人。日本と東南アジアが半数以上を占め、欧米の普及が課題となっている。

ミックスラジオはもともとフィンランドのノキアが手掛けていた事業。マイクロソフトが4月にノキアの携帯電話事業を買収したときにミックスラジオもマイクロソフト傘下となった。同社は相乗効果が薄いとみて売却先を探していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]