/

東京おもちゃショー開幕 タカラトミー、自動変形ロボの試作品

国内最大の玩具展示会「東京おもちゃショー2015」(日本玩具協会主催)が18日、東京ビッグサイト(東京・江東)で開幕した。一般公開は20日と21日。今年は国内外の149社が出展し、約3万5000点の玩具などを展示している。

タカラトミーは「トランスフォーマー」をモチーフにした自動変形ロボット試作品を披露した。ロボット開発のブレイブロボティクス(埼玉県朝霞市)、アスラテック(東京・港)と共同で開発を進めているもので、数年内の商品化を目指している。

会場では1.3メートルの「バンブルビー クォーター」と26.5センチメートルの「バンブルビー ツーオー」の変形を実演した。壇上に登場した車が二足歩行のヒト型ロボットに変形した。量産や一般販売に向けては耐久性などが課題だという。

会場ではほかにもエポック社の新しい野球盤で、ピッチャーの投球が実際の野球のように宙を飛ぶ「3Dエース」などが展示されていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン