/

マニー、独歯科治療器具メーカー2社を買収

医療器具メーカーのマニーは18日、ドイツの歯科治療器具メーカーのシュッツ・デンタル(ヘッセン州)とGDF(同)を買収すると発表した。5月にシュッツ・グループ(同)から両社の全株式を取得する。マニーは歯を削る器具が強みなのに対し、シュッツ・デンタルなどは削った後の詰め物が主力で、開発や販売で相乗効果が見込めると判断した。

買収先の2社の合計売上高は、グループ内の重複分を除いて2014年12月期で約2600万ユーロ(約33億円)。買収価格は公表していない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン