2019年6月17日(月)

サムスン、発火のスマホ「ノート7」をリサイクル

2017/7/18 22:03
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子は18日、昨夏に発火事故が相次いだ高級スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」のリサイクル事業を始めると発表した。回収したノート7本体から貴金属、半導体、カメラなどを取り出し、法人向けに販売する。一部の未開封品は、電池関連部品を交換して昨年比3割超安い価格で消費者に販売する。

金や銅、コバルトなど計約157トンの貴金属の再利用を見込む。未開封品は「ギャラクシーノートFE(ファンエディション)」の名称で韓国などで売る。価格は日本円で1台6万数千円。

同社によると、ノート7は約306万台が販売され、電池の設計や製造ミスで約330台に発火事故が起きた。世界中の顧客や部品会社から回収した本体と部品の処理が課題になっていたため、リサイクルで対応する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報