牛丼食べ続けるとどうなる 吉野家、外部機関と研究

2015/9/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

吉野家ホールディングスは顧客の健康志向に合った新商品を開発するため、大学など外部の研究機関との共同研究を始める。牛丼を食べた場合の血糖値の変化や3カ月間牛丼を食べ続けた場合の体の変化などを調べ、今後の商品開発に生かす。同社が大学などとこうした基礎研究に本格的に取り組むのは初めて。

第1弾として同志社大学大学院と共同で牛丼を食べた場合の血糖値の変化について研究を始めた。ご飯だけを食べた場合と牛丼を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]