/

この記事は会員限定です

ワタミが電力小売り 使用状況で高齢者見守り

[有料会員限定]

居酒屋大手のワタミは5月、家庭向けの電力小売事業に参入する。保有する風力発電所や提携先の大規模太陽光発電所(メガソーラー)などの電力を調達し、北海道と九州、本州の大半で小口販売する。電気の使用状況を使った高齢者の見守りサービスなどで特徴を打ち出し、弁当宅配事業の利用者らに売り込む。

4月の電力小売り全面自由化を前に、農業とエネルギー分野の事業子会社、ワタミファーム&エナジー(東京・大田)が3月中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り473文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン