/

ソフトバンク、電子マネー発行を発表 会員同士で送金も

ソフトバンクは18日、クレジットカード「Visa(ビザ)」加盟店で使える電子マネー「ソフトバンクカード」を3月6日から発行すると発表した。カード会員同士であれば"送金"できるほか、決済ごとに付く共通ポイント「Tポイント」も通常より最大3倍付与する。

同カードは国内外に約3800万店あるビザ加盟店で利用できる前払い式の電子マネー。自社の携帯電話の契約者が対象で、スマートフォン(スマホ)のアプリ(応用ソフト)や銀行振り込みなどで事前にチャージして使う。

電子マネーの"送金"は親が子供に小遣い用に送るといった個人間でのやり取りに加え、企業から個人に送ることもできる。現金還元キャンペーンや報酬支払いなどの代用としての用途も見込むという。

同カードで決済するとTポイントもたまる。Tポイントは、200円ごとに1円分に相当する1ポイントが付くケースが多い。ソフトバンクカードの場合は2倍の2ポイント付き、自動チャージ機能を設定すると3倍付く仕組みだ。ソフトバンクは昨年から携帯電話契約者に発行するポイントをTポイントに切り替えており、新カードによりポイントをよりためやすくし、自社の契約者の囲い込みを狙う。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン