/

脱時間給の連合案は「少し残念」 自動車総連の相原会長

「脱時間給」制度(ホワイトカラー・エグゼンプション)を巡り連合が政府に修正案を出したことを巡り、自動車総連(東京・港)の相原康伸会長は18日の記者会見で「少し残念な気がする」と述べた。自動車総連は同制度に反対してきたが、連合が修正案を出したことで実質的に制度化は前進した。相原会長は「よりよい働き方を開発していかなければいけないのに、(連合が修正案を出した)行為そのものが注目を集めている」と指摘した。

ホワイトカラー・エグゼンプションは一部の働き手に対し、時間ではなく成果に基づいて賃金を払う制度。政府は秋の臨時国会で同制度を盛り込んだ労働基準法改正案の成立をめざしている。相原会長は「労働時間の上限規制などいくつかのエッセンスを含め、働きがいのある生産性の高い働き方を求めるために関係者が深く論議するのが大事」と話した。連合による修正案の提出については、傘下労組との調整が不十分だったとの声もある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン